読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も歌があるから

Tiamat / T'apo Eagh / ScreenShots : http://www.flickr.com/photos/100497787@N06/

CAFE IMERUATに行ってきました

 浜渦正志さんとMinaさんからなるユニット、IMERUATのファンイベント「CAFE IMERUAT」に行ってきました。IMERUATについては公式HPを覗いてみてください。浜渦さんの曲が好きならば、ほああああああってなるはず。

IMERUAT Official Site
http://www.imeruat.com/


さて、CAFE IMERUATの場所は懐かしき神楽坂でした。10年前は毎週のように行ってたなあ、とか少し懐かしさもありつつ。

f:id:aposan:20130707214202p:plain

 

19:00スタートだったので外は夕暮れでした。

 神楽坂の駅の丁度裏手にある小さなイベントスペース?スタジオ?で、CAFE IMERUATは行われました。18:30過ぎくらいに行ったのですが既に並んでいて。前にやっていたシアター・イメルアの方ですかね。なんかグッズも持っていたし。並びながら周りの話を聞いていたらFF13の話なんかも聞こえてきました。13-2はエンディングムカつくけどノエルが良い奴だから遊んでみてください。そんな感じで少しばかり並んでいたらとぼとぼと入場。中は比較的小さなスペースだったので、一人で来てたしズイズイと前の方に座りました。下座の2列目で後ろに柱があったので寄りかかりつつ。更に待つ事15分くらいして、イベントが始まりました。驚く事に写真オーケーだったのですが、こういう場で公開していいかどうかは分からないのでとりあえず無しの方向で。こんな機会ないぜー!とバシバシ撮ったけど微妙に暗かったので半分くらい駄目写真でした。あはーん。

 内容についてはファン向けの要素が多いかなあと思いますので端々をかいつまんでいきます。まずは浜渦さんとMinaさんからご挨拶。お二人の空気感はustでなんとか見ていたので、のんびりまったり進むかと思いきや全然そんなことはなく。というかMinaさんがマジ自由でツッコミが追いつかない浜渦さんに「大変ですね・・・」って声をかけたくなりました。北海道出身のひとって自分の周りにも何人かいるけど、基本フリーダムだよね。そうそう、こんな感じだよね、と思いました。

 最初のプログラムはIMERUATのMVを見ながらのコメンタリー。GiantやHaru no kasumiなどの曲について解説がありました。浜渦さんの小ネタが笑いを誘いました。個人的にはこういうMVとは余り関係のないネタが大好きなので楽しく見れました。Haru no kasumiは東横線なんですねえ。言われてみればなんとなく見た風景ではあります。
 えーと次が質問コーナーだったかな?前にやっていたシアターイメルアで集めた質問をちょいちょいっと答えて行くコーナーでした。色々な質問がありましたが、個人的に印象に残ったのはMinaさんの名盤のおはなし。『ヘドウィグアンドアングリーインチ』をあげてらっしゃいましたが、これは私も大好きな映画で、サントラを持っているのではいはい分かりますわーちょー良い曲ですよねー特にOriginal Loveとかねー!なんて思いながら見ていました。
 その次がムックリのワークショップ。アイヌの伝統楽器、ムックリという楽器は初めて目にしましたが、簡単なつくりながら面白い音を出す楽器でした。音を出すのにコツがいるらしくて最初は皆さん苦戦していましたがアドバイスを受けたら割と出せるようになっていましたね。
 その後にミニライブを経て抽選会。カオス抽選会。IMERUATのレアアイテムほか、豪華景品を抽選で渡すだけなのにこんなに面白い抽選会がかつてあったでしょうか。いやない。その増えた景品のお陰で自分もTシャツ当たりました。楽譜ほしかったなー。
 最後にイメルア体操第4を踊ったあとにサイン会を経ておわり。終わってみれば10時半のチョウダンバ、いや長丁場なのでした。

 

「あっ!」とか言いながら急に袖に引っ込んだり進行をねじ曲げて行くフリーダムさで楽しい2時間半でした。今日は大急ぎで額縁買ってきて飾りました。

f:id:aposan:20130707222638j:plain

少し下に寄ってしまったけどまあまあご愛嬌で。

 

 今回イベントに参加してみて思ったのですが、IMERUATは薄く広くコミュニティが形成されているのですねえ。あの場に居た人たちがうすーく繋がっていたようで、あちこち声をかけあうのを見かけました。みんな仲良しなのですねえ。次はライブなのかな、新曲なのかな、ともあれこれからのIMERUATの動きが楽しみなのでした。おっしまい。