読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も歌があるから

Tiamat / T'apo Eagh / ScreenShots : http://www.flickr.com/photos/100497787@N06/

ライトニングリターンズの試遊会に参加してきました

11月に発売が予定されているFF13最終章「ライトニングリターンズ」の試遊会に当たったので品川のソニービルまで行ってきました。

 

先日こんたさん(@contacos)に連れられてドラゴンズドグマダークアリズンの試遊会に行ったので、道は特に迷わずのんびりと品川のビルへ。
ビルの中に入るとLITNING REURNS(以下LR)のポスターがばばんと飾ってありました。
すぐさま写真を撮ろうとしたのですが額縁に後ろの景色が反射して上手に撮れませんでした。うーん残念。

 

前回同様受付を済ませて17階に。
エレベーター一人だったのでエレベーター写真もパチリ。
これがソニーのエレベーター内部ですぜ・・・!

f:id:aposan:20130727125117j:plain

 

エレベーターを降りたあとに待機ルームに入るとうおおおおおおおおおお!!!!
FF13FF13-2の設定資料や原画や賞状や台本が盛りだくさん!
うひょあー!こーりゃ写真撮りまくるでー!!パシパシパシパシ

f:id:aposan:20130727125441j:plain

キャストのサイン入りキャラ絵!

f:id:aposan:20130727125715j:plain

 FF13-2の嫌われ者、アリサ。ホープくんに関わったためにかわいそうなことに。

f:id:aposan:20130727125817j:plain

 ヤング師匠でおなじみオルトロス

そのほかにもたーくさんあったのですが、ここには掲載しきれないので、
こちらをまとめたものはFlickrで公開しておりますので、良かったら見てください。

 

LIGHTNING RETURNS 写真置き場
http://flic.kr/s/aHsjH7hjqs 

 

写真に夢中になっていると試遊の準備ができたとのことで別室へ移動。
どデカいフラットモニタ(24インチくらい?)がずらーっと並んでいて中々すごい光景。
一人だったので前の方に座らせてもらいました。
最初に北瀬さんと宣伝担当の、えーと、たしか、ムラカミさん?の簡単なご挨拶があり、すぐに試遊開始。
1時間ほど遊ばせていただきました。

 

今回遊ばせてもらったのはほぼ製品版ということで1時間で遊べるところまで遊んでオッケーとのことでした。
とりあえずオープニングだけはしっかり見ました。
スノウがライトニングに敵対する意味がずーっと分からなかったのですが、オープニングでほんのり明かされます。
あと、新キャラのルミナが出てくるのですがこれは伊藤かな恵さんですね。

 

さて、オープニングだけは見ましたがあとは製品版でゆっくり見たいのでムービーとイベントは全飛ばしでどんどん進みました。今回は戦闘はライトニングさんだけなので、ウェアと呼ばれる衣装チェンジを駆使して半永久的に殴り続けるライトニングさんを見ることができます。
遊び方はこれまでとさほど変わらないので違和感なく遊べると思いますが、大きく違うのはコマンドを選んだ瞬間にライトニングさんは行動を行うところでしょうか。これまではコマンドを確定してから初めて動いたため、多少動きを調整しながらの戦いが可能でしたが、今回はよりアクティブな動きを見せてくれます。
そのかわりゲージ待ってるときは立ちっぱなしでちょっと間抜けですね。

 

ストーリーの進行上でポイントとなる部分やシステムの解説は我らがホープくん(しかも少年!11!!1!!)が丁寧に解説してくれます。
とにかくホープくんめっちょ喋るっつーか喋りっぱなし。
時折ライトニングさんと軽いジョークも交えるなど、割と楽しくやってるようです。
久しぶりに子供の声の「ライトさん」が聴けて嬉しかったよホープくん。

 

イベントをばんばん飛ばしてボス戦に、と、ここで画面ストップ。戦闘のヒントが流れるのをずっと待ってる状態で動かなくなっちゃった。試しにPSボタンで一回XMB出してすぐにゲーム戻ったら再開しました。アンケートにも書いておきましたよ。前作までのブレイクみたいなシステムは今回も健在ですが、どうやらゲージでは分からない模様。そのかわりモンスターの周りに出るエフェクトが一定のラインを越えるとブレイクするみたいです。
加えて、今回のライトニングさんは時間を遅くするというチートスキルをゲット。ブレイク後に時間を操ってタコ殴りモードに以降できます。1回しか再現できなかったのでここはもう少し遊んでみたかった。

ボス戦のあとは媒体でもよく出てくるルクセリオの街に到着。FFではあまり見なかったサスペンス要素のあるシナリオを途中まで攻略したところ、で、タイムアップ。ほげー1時間はえー。

もーちょい遊びたかったなーというところで終わっちゃったので突っ込んだ感想は書けそうにないです。

 

試遊会のあとは北瀬さん、鳥山さんと制作陣による質問とか新情報とかコーナー。
椅子がすごく沢山あったので誰がくるのかなーと思っていたらLRを制作したチームの方が全部で10名ほど、登場されました。スライドを見ながらいろんな質問やら新情報に応えつつ。覚えている限りの質問と新情報をご紹介。でもゲームの進行にかかわることは省略します。

 

質問1

・ライトニングさんの胸が揺れるって聞いたんですけど
・ライトニングさんの胸がCカップからDカップに増えたって聞いたんですけど

 

回答

揺れます!増えました!
ウェアチェンジした直後に剣を振るモーションがあるのでそこで揺れますよ!お楽しみに!
カップ数が増えたのは13-2からLRまでの数百年の時を経て成長したということで(鳥山さん)

 

---

 

質問2

LRはアクション要素が高いと聞きましたが、アクション苦手でも攻略できますか?

 

回答

基本的にはこれまでのFF13と変わらない遊び方が出来るようになっています。
ウェアの組み方でアクション高めなスキル構成にしたり、HPが高いガッチガチのウェアにできますから、ウェアを色々と試してみて自分に合ったウェアを作って遊んでください。

---

質問3(会場内)

青年ホープ君の出番はありますか?
 

回答

ホープくんは、少年ホープくんが出てきたときにいろんなところから「ようやく出してくれた!」と言われたので青年ホープくんを出してくれ、という質問は意外でした。今回、ホープくんはブーニベルゼという神様の命でライトニングさんのサポートをします。回想シーンなどで青年ホープくんのシーンもありますので、そちらを楽しみにしていただければ、と。

---

質問4(会場内)

今回、主人公はライトニングさん一人ということですが、ホープくんは外に連れ出せないんですか?

 

回答

ホープくんはあの空間でライトニングさんの手伝いをします。
今回、ホープくんはかなり喋りますので、そこでなんとか。
ちなみに、どちら派ですか?(質問者「少年ホープくん派です!」)
ああ、よかった
(ここでホープくんの収録の話になり)

ホープくん役の梶さんには今回沢山喋ってもらっているのですが、ちょうど収録のタイミングで彼がいろんなアニメ作品に出演されたので中々収録ができなくてやきもきしました。今回締切ギリギリのところでなんとかすべて収録できました。
それくらい沢山喋るので楽しみにしていてください。

---

質問5

今回、ウェア衣装は80種類以上ということですが、没になった作品はありますか?

 

回答

基本的に没にした衣装はありません。
デザイナーさんに自由に描いていただき、なるべく再現しています。
ただし、某ロボットスーツのようなデザインのものがあり、こちらは控えました。
今回、ライトニングさんはセクシーな衣装から宝塚の男役のような衣装まで、本当に様々なものがありますので、おめかししてみてください。

---

質問6

他のFF作品からクラウドとユウナの衣装が発表されましたが、他のコラボはありますか?

 

回答

(実際にクラウドとユウナの衣装の動画を見ながら)
今回はダウンロードコンテンツについてはまだ未定です。
前作のようにストーリーの付けたしなどは一切考えておらず、買っていただいたディスクの中ですべてが完結するようになっています。
ですから、衣装についても現段階ではディスクの中に入るものがすべてです。
(ここでFF13から聖府軍のウェア、FF13-2から女神の騎士のウェアが収録されることも発表)

---

質問7

各町のコンセプトやオススメのロケーションを教えてください

 

回答

・ルクセリオチーム

ルクセリオは白と黒を基調にしたモダンな街並みです。
また、ルクセリオの住人たちは世界が終わりに近づいていることを何となく肌で感じているため、至るところに時計があります。
そうした部分を気にしてみてください

・ユスナーンチーム

ユスナーンは世界の終わりを派手に迎えよう、という人たちが集まっていて毎日盛大な宴を繰り広げています。その中でも街の一番高いところにレストランがありまして、ここから町を一望できます。
この景色がとても素敵なのでぜひご覧ください。

(ここでさらっとスクリーンショット撮影機能が追加されていることが発表。マジか!)

 

・ウィンなんとか(新しい街)

ズバリ、広大な草原と森です。

FF13にもあった大きなマップ(たぶんアルカキルティ大平原)よりも広いですので、いけどもいけども終わりが無いように感じると思います。
そこを楽しめるようにいろんな仕掛けも用意しています。
また、草原の終わりにある景色が絶景です。
あとはチョコボがいますので、チョコボを楽しんでください。

 

・砂漠のとこ

FF13はほぼすべてのロケーションを作ってきたのですが、唯一砂漠だけは作っていなかったので今回砂漠のマップを用意しました。砂だけの世界ですが、こちらも色々な仕掛けがありますので楽しんでください。

 

とまあ、覚えている限りでは質問はこんな感じでした。
ノエルのこと聞きたかったんだけど、さしてもらえなかった、残念。

 

最後にご挨拶があり、拍手で終了。
帰りに北瀬さんと鳥山さんのサインつきLRのポスターを手渡しでいただきました。
当りがあったようですが、誰のサインだったのかな。
某デザイナーってことなので野村さんかな。

 

 1時間ですけど遊んだ感想としては、これまでの13と物凄く何かが変わるようなものはなく、FF13らしいものであったと思います。FFの戦闘システムとしてATBガンビットオプティマ(ロール)は私にとってとても画期的でわくわくするシステムでした。オプティマ、ロールときて今回のウェア(スタイル)による戦闘システムの深めかたは、今後つづくであろうFF15や16でどう活かされるのかが気になりました。

 

 お話部分は1時間なのでなんとも言えませんが、スノウが厨二病になってしまった理由が序盤でほんのり明かされ、アイツただのバカじゃなかったんだなあと思いました。途中で何度か挿し込まれる13-2の映像は見ているとやっぱり悲しいです。

 

事前アンケートにも今回のプレイ後アンケートにも書いたのですが、最後はみんな幸せになれるエンディングになってくれれば私は大満足です。