読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も歌があるから

Tiamat / T'apo Eagh / ScreenShots : http://www.flickr.com/photos/100497787@N06/

so far so / IMERUAT を聞いて

IMERUATのニューアルバム「so far so」がいよいよ発売されます。
公式サイト経由だと既に先行発売が始まっておりますが、CDショップに並ぶのは4月21日。
一足早く手に入れてぐりぐり聞いているので1曲ずつ感想を書いていきます。

ちなみに本アルバムは公式サイトから全曲試聴ができます。

http://www.imeruat.com/

というわけでレッツゴー。

01. Far Saa Far
まずは1曲目。まさに1曲目。たしかな1曲目。
この季節にもピッタリな緑の匂いをたっぷりまとった風が吹き抜けていくような曲。アルバムの発表から1年半、溜め込んだものが爆発するようなスピード感あふれる1曲です。途中で小川も飛び越えちゃう!ヤッホーIMERUAT!

02. ぽろろろろろろ
ボーカルのMinaさんが起きぬけに口ずさんだメロディから生まれたという1曲。1回聞くと頭に残って、ふとしたときに「ぽろろろろろろ」っと口ずさんでしまいます。
こちら、MVがとってもかわいいのでぜひ一度ご覧ください。

https://youtu.be/foLp7XvmdOk


03. のみたいな
こちらも続けて口ずさんでしまうシリーズ。
結構な波乱の果てに生まれた曲のようですが、分かりやすいメロディなので頭の中でサビが延々とループしてしまう危険な1曲。
この曲はこれまでに何度か聞く機会があったのですが、自分の中でこの曲は何故だか2曲目に来るぞ!絶対に!2曲目しかない!と思っていたのですが、3曲目でした。惜しい。
こちらもMVがありますよ!

https://youtu.be/ctcDkKySf94


04. Flakes
とてもIMERUATらしい曲。曲の入り方から全体的な流れまでの安心感パない。個人的にIMERUATは海に潜って水面を見てるときのような曲が多いと思うのですが、こちらはまさにそんな感じの曲。音も無くて下はずっと深くまで続いていて(しかも暗い!)、でも水面はキラキラしていて、その間に浮かんでいるような感覚があります。あとなんか途中でドラクエの呪文の音みたいなのが聞こえる。

05. kilto kilto
曲の初めに「Atmosphäre Op.1 No.1」が使われている?ただ単に同じメロディ?
とても家具みたいな曲だなーと思うのですが、私は勝手に、この曲はPropelled Lifeに収録されている「ヴァルヴァーラの野望」のあとのお話だと思っています。焚火を囲んで昔(ヴァルヴァーラの野望)の話をする老人、の曲。曲として特別リンクはしていないと思うのですが、一番最初に聞いたときパッと思い浮かんだのがヴァルヴァーラの野望なのでした。木の匂いがするんだ。

06. 里山デパートメントストア
IMERUATにしては珍しいな、と思う曲の入り方。こんなハッキリ「曲が始まったよー!」って知らせてくれるのはGiantくらいのような・・・。
しかもこちらも明るく元気な曲、スキップしてるみたいな曲。ふわふわっとした音楽に紛れて聞こえる不思議なアナウンス、耳を傾けて聞いてみると何やら少しブラックなアナウンスが聞こえてきます。なんかこういうテイストの曲、他にもあったなあと思ったのですがACIDMANの「公園」ですね。あれも音楽と歌詞のミスマッチさが際立っていました。

07. Quarter Tones
「04.Flakes」に近くてIMERUATっぽさモリモリ。何やら喋ってるなーと思って音量上げてみたらムックリのワークショップの様子が流れているんですね。静かだけど音がゆるっとつながり続けていて中々終わりがこない。段々息苦しくなってくるところで終わりがやってくる。

08. 暗殺したい!
はい来た。はいこの曲きましたねっと。満を持しての登場ですよ、と。2015年7月25日(土)に下北沢ホールで行われた「ミナ・ポニーカの革命前夜」で演奏されたときに最初のメロディでグッと心臓わしづかみにされてヴァイオリンが入ってくるところでそのままグサッと刺されて殺されたはい死んだはい殺されたそんな1曲待ったこの時至福のひと時20か月の長い歳月IMERUATからのプレゼンツ、Yo HO YO YO YO...
はい、今回のアルバムで一番好きな曲です。上にも書いたように初めて聞いたときに一目ぼれしてずっと聞けるのを楽しみにしていました。あっという間に過ぎていく時間をしっかりじっくり聞いていただきたいです。

09. ルフルール
春を感じる曲。春っぽい曲というと「Haru no Kasumi」とか「野を越えて」なんかが思い浮かびますが、この曲はもっと標高が高い少し肌寒いところが思い浮かびます。あれあれ、映画のサウンドオブミュージックでマリアが子供たちとハイキングに行く、あの感じ!

10. LIFE CM
暗殺したい!の次に好きな曲。ここまでバラエティ豊かに色んな曲が流れてきたのを1つ前のルフルールと合わせて一回リセットするようにゆるっと、ふわっと着地する楽曲。深呼吸タイムです。

11. La danse Battaki
過去にリリースされた作品、Battakiの別バージョン。Battakiは積み木のような曲だなーと思っているのですが、こちらはうねりが加わって粘土みたいな曲。アレンジ次第で色々な形に変わっていくのが面白いです。

12. 草原駆けて
最後の曲。ここまできてこの曲に繋がるのはなんというか、ズルい!あんなにも爽やかで駆け抜ける曲を1曲目で聞いたのに最後にもう1回スッと手を差し伸べてくる。もっかい行きますか、って。
そりゃあもちろん、いいですとも!