読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も歌があるから

Tiamat / T'apo Eagh / ScreenShots : http://www.flickr.com/photos/100497787@N06/

HAPPY NEW IMERUATに行ってきました

1月11日に渋谷WWWで行われたIMERUATのライブ「HAPPY NEW IMERUAT」に行ってきました。

 渋谷WWWというライブハウスは初めてで、地図を確認するとパルコの真ん前なのでそんなところにライブハウスあったっけなーと思って行ったらありました。前映画館だったとこかな。入り口から少し地下に降りるタイプのライブハウス。新宿MARZとかを思い出します。降りてくタイプのライブハウスは階段が無骨だったりして、この秘密基地感が結構好きです。
 降りてチケット交換してビールもらったら物販で新曲のミニアルバムが出ていたのでアルバムと卓上カレンダーを購入。売っててよかった。荷物置いてステージへ。階段状になっているライブハウスで、要所に手すりがありました。こういうライブハウスはあんま見たことないなあ。全面フラットより見やすいし、自分のスペース確保できるからよさそう。既に結構なお客さんがいたので私はいちばーん後ろの端で壁にもたれかかって見てました。十分近いし前じゃなくてもよく見えるのはよいことです。

 18時を少し回ったところでライブが開始。イマイチ自信が無いのでセットリストは省くとして、既存の曲から新曲まで、万遍なく演奏してくれました。今回はピアノ、パーカッション、ヴァイオリン、チェロ、ギター、あとトンコリムックリという感じの構成。中でもヴァイオリンとチェロのパワー!ヴァイオリンのA線とE線の使い方すげー好きというか途中からはどうやって弾いてるのかが気になって仕方なかったです。右腕のなー肘から下だけでなー、弾けないんだよなあ。数曲引いてトーク、数曲引いてトーク、という形でしたがトークが相変わらず面白くて。海外ツアーに同行していた桑野さんについて恐らく「身を粉にして」とか「時間を割いて」とか言いたかったんだろうけど「身銭を切ってついてきてくれて・・・」とか言ったりしていて会場を沸かせていました。北海道生まれのひとって何人か知り合いにいるけど、なんというかフリーダムだよね。Minaさんの完全に脈絡のない話を聴いていて、そう思ったのでした。桑野さんについては他に「お酒を飲むとよくしゃべる方で、台湾に行ったとき朝まで、有りがたいお話を、していただいて・・・」って仰ってましたけど『あ、マジ説教されたなこれ』って思いました。
 FF13からスーリヤ湖、クリムゾンエッジ、閃光なども演奏してくれました。きっと皆言っているだろうけど、閃光、やっぱかっこいい!浜渦さんのヴァイオリン使った曲でA線とE線が強い曲ほんと大好き。反物をね、しゅるしゅるっと広げているような小節のまとめ方が心地いいです。閃光みたいに横からガッと入ってくるタイプの曲もパートの終わり際で少しずつ少しずつ音を柔らかく細くしていく過程があって、そこがたまらなく好きです。
 ライブでは曲に合わせてビデオも流れていたのですが、この演出は世界観を共有できるので楽しいですね。arpもライブでPVを合わせて流すことが時折あったけど、IMERUATの曲は歌詞が少ない分、映像でイメージを補完する作業はとても意味があるんじゃないかな、と思います。

 そんなこんなで2時間と少しのライブは瞬く間に終わり、終演後のサイン会に。割と早い、というか10番目くらいに並べました。Minaさんにサインを書いてもらったときに「あ、この前Tシャツ当たった方ですよね?」って言われてちょいとびっくり。浜渦さんも「よう覚えてるなあ」なんて感心されておりました。いやあほんとに。少しだけヘドウィグアンドアングリーインチのお話をして会場を後にしました。出口に向かったら結構な列になってました。早めに並んでおいてよかった。

 帰り道でアルバムについていたブックレットを読みつつ帰るのでした。「財布忘れて切符をもらって~」ってほんとの話だったの・・・東急とかは貸してくれそうですよね・・・